無之会河内長野道場紹介


無之会はビレー ハモン(Billy Hammond)1985年に松原市と堺市で始めた空手会・合氣道会です。現在、堺市堺区の少林寺小学校で毎週木曜日の600730と土曜日の午前630830に幼稚園児から成人が稽古をしています。堺の無之会はスポーツ少年団に加入しています。

加賀田小学校の無之会は25415日からスタートしました。


無の会の特色

入会について:ある程度の期間(約1ヶ月)は無料体験(私服)をします。その間、正座、立ち方、礼儀、基本動作を覚えます。

基本を少し覚えてから入会し道着を着用します。

護身術には合気道の技も教えるため、受身も教えます。

道着を稽古場所以外では着用しません。体育館で着替えます。また子供さんの健康に配慮して冬期の低温日には「私服稽古」もあります。


保護者の見学:経験から子供さんは保護者に見て貰っている方は喜ぶし、一生懸命頑張ります。保護者の見学は大歓迎です。


入会金:なし


月謝:1,500


道着について:サイズによりますが、小学生は約6,000円〜です。入会時に道着の店を紹介します。


ビレー ハモンの経歴

11歳からハワイの少林流空手を始め、1980年の来日までハワイで空手を続け、中学・高校時代に柔道も練習しました。師範代理として1974年〜1979にコナで空手道・護身術を指導しました。工藤先生から気の研究会合気道も習得し、1981年に日本の糸東流空手を習い始めました。気の研究会合気道も続けました。1985年に河内松原で無之会道場を開き、続けて堺市も始めました。

無之会河内長野ページ